妊娠中の温泉はNGなの?

温泉

妊婦は温泉に入っちゃいけない?

妊娠中は温泉に入っちゃダメって言われた事、聞いたことはありますか?なんかそういわれると、温泉の成分がダメなのかな…とか。効能によっては入っちゃいけない温泉とかがあるのかも…とか、思っちゃいますよね。だとすると温泉の元とかの入浴剤もダメなの?って心配になってしまうので、なぜダメと言う人がいるのかしっかり確認しておきましょう。
※妊娠中の温泉の可・不可とマタ旅の可・不可はまた別の話です。

恐らく妊娠初期の体温上昇

露天風呂

定かではありませんが、恐らく発熱からきているのだと思われます。妊娠初期に母体が38度以上発熱すると、赤ちゃんの神経系に異常が出るリスクが高まる可能性があると言われています。おそらくそこから「体温上昇=温泉NG」となったのでは?というのが有力です。

温泉の温度は何度?

温度計
正解は平均40度前後です。
あれ?と思いませんか?そうなんです家のお風呂の温度と同じ程度の温度なんです。まあ草津なんかは90∼50度とも言われていますが、そんな熱湯には入れないので湯もみをして冷ましていますよね。源泉が高温だとしても入れなければ意味がないので、温泉でも我々が入れる温度まで冷まします。

入浴による体温上昇

体温

体温の上昇に関しても、妊婦世代(20∼40代)であれば40度のお湯に15分程度連続で浸かって1~1.4度程度の上昇です。(バスクリン情報)洗い場で体や髪を洗ったりするので、連続してそれ以上浸かることはそんなにないのではないでしょうか?

つまりこれば「温泉がダメ」なんじゃなくて「長風呂がよくない」という事なんです。

長風呂は控えましょう

妊娠中の温泉

家のお風呂でも長風呂したらよくないし、温泉でも適度に楽しむなら問題ないということです。むしろ温泉成分などのぬめりで滑って転んでしまうことの方が私はよっぽど心配です。成分や効能よりも、足元に気を付けましょう。

ちなみに38度以上の発熱による赤ちゃん神経系異常リスクは妊娠初期のみです。なぜなら赤ちゃんの神経系は妊娠初期に形成されるから。その時期を過ぎたら赤ちゃんの神経系は完成します。

なのでどうしても心配になっちゃう場合は、妊娠中期に入ってからにすれば心置きなく楽しめるんじゃないかな!

マタ旅の話は、また別の機会にしますね!

 

LINEの友達追加で
『妊娠線予防パーフェクトガイド』
プレゼント中♪
ぜひ友達追加して受け取ってね♡

マタニティなお役立ち情報や、オンライン妊婦さん教室、マタニティマッサージ
ご予約情報もイチ早く配信中!
はなみらんLINE公式アカウント

ID検索「@rja2736z」からも追加できます

 

最近の人気記事

妊婦体験ベストきっかけで理想のパパに教育

高齢出産のメリット

あなたの胎盤、見てみませんか?

 

はなみらん花香Instagram

5,000件以上の妊産婦さんを見てきたマタニティ専門サロンのセラピストが妊娠中のあなたに伝えたい事

関連記事

  1. 妊婦さんに席を譲ります

    逆マタニティマーク

  2. パジャマ

    これが正しい産後パジャマ選び

  3. マタニティ&産後専門アロマセラピーケアサロンはなみらんとは[…

  4. 産後ドゥーラ

    まさか!?実の親がストレスの存在に?

  5. 良いサロンを見極める指針のひとつ

  6. 産後の準備

    産後の支度は産後にはできない!?産後の準備は妊娠中に!