【妊活】卵子の膜を柔らかくして受精しやすくしよう

柘榴

細胞には膜があります。卵子も細胞なので例外なく膜があります。この膜が受精に影響があって、自分で調整できるとしたら…興味ありませんか?

総合病院産科病棟専門セラピストの経験から
ハッピーで充実したマタニティライフ
心身ともに健やかに妊娠へ近付く妊活
「ヒント」や「マインド」について
マタニティ専門サロンのオーナー花香が
お伝えしております。
* 初めましての方はこちら

クイズです!

問題です
細胞には膜があります。卵子も細胞なので膜があります。この膜がぎゅっと硬い場合と、ふにゃっと柔らかい場合、どちらが受精しやすいと思いますか?ほぼ全員正解だと思いますが、答えは柔らかい方です。

では、もしこの膜を自分で柔らかくする事が出来るとしたら、その方法があるとしたら…試してみたいと思いませんか?

亜麻仁油

亜麻仁油

実はあるんです。しかも病院へ行かなくてもいいし、高額な治療費も必要ありません。とりあえずマイバッグを持って近所のちょっと大き目なスーパーへ行ってください。そして調味料の売り場で「亜麻仁(アマニ)油」を探してください。一般的な油より少し高めですが購入しましょう。

ちょっとだけ栄養の話

不飽和脂肪酸

脂質には、自分では作り出せないので食物で摂取しなければならないもの(必須脂肪酸)があります。亜麻仁油はそのうちの1種類『αリノレン酸(オメガ3)』です。この『αリノレン酸(オメガ3)』は血液をサラサラにしたり、細胞膜を柔らかくする作用があります。(ちなみに細胞膜は油でできています)なので、亜麻仁油を摂ることは卵子の膜を柔らかくする事にも繋がります。

食べ方に注意!

オメガ3

亜麻仁油は熱に弱いので加熱料理には使わず、ドレッシングのように料理にあえて食べるようにしてください。サラダは勿論、納豆にちょっと加えてもいいし、冷奴に薬味と一緒にかけるのも良いですね!「えー!」と思うかもしれませんが、お味噌汁に少し垂らしてもコクが出て美味しくなります。油揚げのお味噌汁とか美味しいでしょ?それと一緒です。

ただし、何事もバランス

バランス
アマニ油、エゴマ油など(α‬リノレン酸/オメガ3)は、細胞の膜を柔らかくしたり血液をサラサラにしたりします。
ごま油、紅花油、コーン油など(リノール酸/オメガ6)は、細胞の膜を硬くしたり血液を固めたりします。

勘違いしていてはいけないのはどっちも大切!ということ。

細胞の膜がふにゃふにゃに過ぎたら、細胞か壊れちゃうし、血液が固まらなかったら、血が止まらずに出血多量で死んじゃいます。

このふたつは両方とも「必須脂肪酸」どっちも体内で作り出せないものなのでどっちも必要なんです。

火を使わない料理にはアマニ油
火を使う料理にはコーン油
…みたいな感じで

1:4
(‪α‬リノレン酸:リノール酸)

のバランスで取れるとベスト。
上手に食生活に取り入れてみてくださいね!

LINEの友達追加で『妊娠線予防パーフェクトガイド』プレゼント中♪
ぜひ友達追加して受け取ってね♡
※妊活さん向け特典も準備中!
妊活中・妊娠中のお役立ち情報や、オンライン教室、サロン
ご予約情報もイチ早く配信中!

はなみらんLINE公式アカウント


ID検索「@rja2736z」からも追加できます

 

最近の人気記事

https://wp.templates.work/test03/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e8%83%8e%e7%9b%a4%e3%80%81%e8%a6%8b%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f/

妊活療法士・マタニティアロマセラピスト花香の想い

【妊娠・産後】おっぱいはすぐ出ない

 

はなみらんInstagram

 

妊活専用Instagram

妊活用Instagram

関連記事

  1. 東京都妊活課

    【妊活】え!『東京都妊活課』を知らないの!?

  2. 暖炉

    【妊活】妊活中のそのケア無駄かも!?3つの冷えタイプ②

  3. 未来

    アロマを使った事がない初心者でも大丈夫?

  4. 子授け祈願

    2022年9月の子宝祈願・子授祈願に縁起の良い日

  5. ベビーシューズ

    【妊活】プレコンセプションケアって知ってる?

  6. 【妊活】まさかの海を越えてはなみらん式妊活ケア

2023年2月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728