逆マタニティマーク

マタニティーマーク

マタニティマーク
厚生労働省のマタニティマーク。
妊産婦(妊娠中の女性、産後1年未満の女性)に優しい環境を作るために作られたものです。妊婦さんが身に着けて妊娠中であることを周囲に判断しやすくしたり、「マーク+コメント」のポスターなどにしてお店などの公共の場に貼り出して、妊婦さんでも過ごしやすい環境を啓発します。原則、営利目的では使用できず、使用する際は「使用報告書」が必要なマークです。(ハンドメイドのマタニティーマークで儲けを得ている人は気をつけましょう)

妊婦さんに席を譲ります

このマークのイメージとして一番強いのは「電車で見かけたら席を譲る」ではないでしょうか。はなみらんも見かけたら譲っています。そんな中、出会ったのが妊婦さん側からではなく、妊婦さんじゃない側から発信するマーク「妊婦さんに席を譲りますマーク」です。
妊婦さんに席を譲ります
これはいい!
たまに妊婦さんかどうかわからなくて声をかけられない事がありますからね!昔、はなみらんの友人が妊婦さんと間違えられて電車で席を譲られたそうです。彼女はそこで「違います!!」と怒って車両を移動したそうで…。怒らなくてもいいのに~とも思ったのですが(私だったら気まずくなるのが嫌だから、そのまま座っちゃうかもしれません)確かに間違えたら失礼に当たるケースもあります。そんな時にこれをみかけた妊婦さんから声をかけてくれたら(声をかけ辛かったらマタニティマークアピールをしてくれたら)…とっても助かります。

作ったのは男の人

実はこれを作ったのは企業でもなんでもなく、椎野祐輔さんという個人の男性です。奥さんが妊娠中、電車でお年寄りが席を譲ってくれた時に「妊婦さんが席に座りやすくなって、そして周りも席を譲りやすくなる切欠をつくりたい」と思い、このマークの制作にたどり着いたそうです。マタニティマークを使用していますので、ちゃんと厚生労働省の許可も得ています。
このマークは専用のサイトから購入ができるのですが、お手紙付きで届きました。

愛を感じます。
ひとつひとつ手書きしているのかしら…。
購入サイトを見るとわかりますが、関西バージョン(関西弁になっていたり、タイガース仕様になっていたりします)なんかもあって、発案者の椎野祐輔さんの遊び心も垣間見ることができます。

助産師さんからのプレゼント

この「妊婦さんに席を譲りますマーク」を見つけて買おうとしていた頃、お世話になっている助産師さんに「いいものあげる」と言われ、ウキウキして貰いに行ったらなんとこのマークでした。「妊婦さんに優しいあなたにピッタリだと思って」と。
助産師からの手紙
世の中がコロナで少しざわつき始めた3月頃に貰いました。なので「大変な時期ですが」と書かれています。本当にいい人です。

ちなみに、この助産師さんがこのマークを身に着けて電車に乗っていた所、逆に席を譲られてしまったそうです。うーん、確かにマークだけで条件反射してしまう人もいるかも。でもマタニティマークに条件反射で動くそんな人も優しい。このマークに関わっている人、本当にいい人しかいません。優しさって伝染するんですね。

ステイホーム
今はコロナの影響で外出も少なく、電車の利用頻度も低いです。妊婦さん自身の利用率も低いでしょう。なので中々出番はありませんが、今の情勢が落ち着いたころにはバンバン活躍してもらおうと思っています。

●妊婦さんに席を譲りますマーク
http://sekiwoyuzuru.starfree.jp/
●マーク購入サイト
https://sekiwoyuzuru.stores.jp/

はなみらんのマタニティケア
ボディ+顔フルコース150分
ボディ+顔120分
ボディ90分

関連記事

  1. 産後ドゥーラ

    まさか!?実の親がストレスの存在に?

  2. はなみらんは「頑張らない」を推奨します

  3. 東京都妊活課って知ってる?

  4. 生活

    産後の準備は妊娠中に!

  5. 産後

    おっぱいはすぐ出ない

  6. 冬の出産、入院グッズにあると便利な物