冬の出産、入院グッズにあると便利な物


出産が近づくと入院のための準備が必要になりますよね。はなみらんでも産科病棟に出向しているからこそできる、たまひよには載っていない具体的でリアルに役に立つ持ち物アドバイスをしていますが、今回はこの時期限定で「あると良いもの」をお伝えします。

乾燥が気になる季節


冬に気になるもの…それは乾燥です。目が覚めたら喉がカフカフだったとか、帰宅したら部屋がパサパサで咳き込んだとか、温かい飲み物を飲んだあと唇がカサカサになるとかは、この時期限定の症状ですよね。これは気候がもたらしているものなので、産後だろうとそうでなかろうと関係ありません。

病院に加湿器があるとは限らない!


病院(助産院)の個室に加湿器が置かれているとは限りません。貸し出しをしているとも限りません。ちなみにはなみらんが出向している病院は2年前は個別に貸し出しをしていましたが、今はしていません。産後にアロマトリートメントを受けるママたちから「部屋が乾燥していて辛くて…」と言う声をこの時期は本当によく聞きます。

フェイスタオルを1枚余分に


なので加湿できる準備をして入院するのがお勧め。とはいえ、加湿器を持っていくことはできないので(笑)フェイスタオルを1枚余分にカバンに入れましょう。そう、濡れタオルでの加湿です。フェイスタオルを水滴が滴らないくらいに絞れば250ml程度の水分を含ませることができるので、十分に加湿できます。(部屋の広さにもよりますが)

あると便利S字フックと針金ハンガー


更にあると便利なのが「S字フックと針金ハンガー」
濡れタオルを用意できても吊るす場所がないと効果半減です。S字フックがあれば好きな所に引っかかりを作れるし、ハンガーにタオルを広げれば水分が蒸発する面積も広くできます。普通のハンガーより針金ハンガーの方が首の部分の角度を自由に変形させられるので、適応力が高くてGood。

ちなみに、エアコンの傍に吊るすと風に運ばれて部屋全体に湿気が行き渡ります。ただし乾きやすくもなるので、枕元とかでもOKです。アロマスプレーなどをひと吹きするとリラックス効果もプラスされます。
この季節に出産予定の人は参考にしてくださいね!

 

はなみらんの産後ケア
骨盤ケア付き ボディ+顔フルコース150分
骨盤ケア付き ボディ+顔120分
ボディ90分
ご自宅出張アロマ+骨盤ケア
ご自宅出張骨盤ケア

関連記事

  1. 緩いセラピスト、緩いサロン

  2. おっぱいはすぐ出ない

  3. 0才からのクラシック「音浴じかん」クリスマスコンサート

  4. 3回のマタニティーブルー

  5. 安産祈願と水天宮と戌の日

  6. 妊婦さんは日焼けにご用心?